うつ病の診断は気軽に受けられる【早期に見つけて治療を開始】

うつチェックを受けよう

看護師

早めに病院を受診しよう

うつ病は代表的な精神疾患のひとつなので、環境が大きく変化したり、親しい人との生死別を経験したり、病気による体調不良や加齢などが原因で発症する可能性があります。短期間で体重の増減があったり、過眠や不眠などの睡眠障害が見られたり、趣味や娯楽、レジャーなどに関心が乏しくなることもあります。憂鬱な気分が長く続いたり、意欲や気力が低下して仕事や家事でミスが増える、物忘れなどの症状が見られたら、早めに精神神経科の病院やクリニックを受診して、うつ病チェックを受けて下さい。問診やカウンセリング、心理テストなどを行う場合もあります。うつ病チェックを受けたり、家族や本人から話を聞くことで病気が診断されることが多いです。うつ病は脳波などは異常が見られないことが多いため、内科の病院などでは見落とされることもよくあります。うつ病は十分な休息や睡眠が必要な病気なので、医師が自宅で十分な休息が取れないと判断した時や症状が重い場合は、入院を勧められることもあります。比較的症状が軽かったり、家族の協力が得られる場合は通院による治療が中心になります。仕事や学校、家庭などで大きなストレスを感じている場合は、休学や休職をしたり、家事や育児の負担を減らすために入院治療は大変有効です。病気が疑われる時は病院で診断を受けて下さい。うつ病は午前中は気分が優れないことが多いですが、夕方や夜間になると辛い症状が改善することが多いです。憂鬱な気分が長く続いたり、意欲や気力が低下すると学校や会社を無断で欠勤することもあります。日常生活に支障をきたしている場合は、早めに精神神経科の病院やクリニックを受診して、うつチェックを受けて病気を診断してもらいましょう。通勤や通学を続けるのが難しい場合は、一時的に休学や休職をすることも大事です。精神神経科のクリニックや病院を選ぶ時は、受付や電話の応対が丁寧で経験豊富な医療スタッフが在籍をしている所がお勧めです。精神神経科の病院やクリニックは、プライバシーは厳守してくれるため、安心して通院ができます。地元で評価の高い精神神経科のクリニックや病院は、内服薬による治療はもちろん、デイケアや認知行動療法、カウンセリング、電気けいれん療法なども行っています。うつ病は抗うつ剤などの内服薬は優れた効果が期待できますが、十分な休養を取ることで病気の回復を速める効果があります。仕事や家庭、体の悩みなどを持っている人は、カウンセリングなどの精神療法が受けられます。比較的副作用の少ない医薬品も開発されているため、病気が診断されたら、朝型の規則正しい生活を送ることも大事です。