うつ病の診断は気軽に受けられる【早期に見つけて治療を開始】

評判の高い医療機関を探す

カウンセリング

うつチェックをしましょう

うつ病は珍しい病気ではなく、誰でも罹る可能性のある精神疾患です。意欲や気力が著しく減退してしまい、通勤は出来ても仕事でミスが増えたり、毎日こなしていた家事がスムーズに出来なくなったりすることがあります。憂鬱な気分が長く続いたり、精神的にイライラしやすいなどが2、3週間以上続いたら、うつチェックを受けてみると良いでしょう。精神神経科の病院やクリニックを受診する前に、セルフチェックを行いチェックシートを医師に見てもらうと、病気の診断がしやすくなります。精神神経科の病院やクリニックは、待ち時間を短縮するために、予約制になっている所が多いため、事前に電話で予約を入れておくことが大事です。統合失調症などの病気とは違い、本人に病識があることが多いですが、初めて通院をする時は抵抗を感じることもあります。受診が遅れてしまうと症状が悪化する可能性があるため、同居している兄弟姉妹や配偶者などに付き添ってもらうと良いでしょう。精神神経科の病院やクリニックは、プライバシーは厳守してくれますし、完全個室で診察が受けられるため、リラックスして話ができる環境が整っています。うつ病が診断されたら、カウンセリングなどの精神療法や内服薬の服用を始めます。うつ病が診断されると、本人はもちろん家族も不安を感じている人が多いですが、早期に発見して適切な治療を受けることで、辛い症状が改善して寛解した状態が長く保っている人も増えています。症状が重い時は気力や意欲が減退していますが、少し症状が改善してくると、趣味や娯楽を楽しんだり、軽い程度の家事や仕事もこなせるようになります。うつ病が診断されると、抗うつ剤や抗不安薬などの内服薬の服用をしたり、カウンセリングなどの精神療法、電気けいれん療法、デイケアなどの治療を行うこともあります。内服薬の効果を高めるためには、十分な睡眠や休息を取ることも大事です。精神神経科の病院やクリニックでは、保険適用が受けられるので安心して通院ができます。最初は一週間から、2週間に一度の通院をすることが多いですが、少し症状が回復してくると1か月に一度の通院をしている人も多いです。症状が改善してくると薬の量も減らしてもらえるので、経済的な負担を減らすことが出来ます。医療費の負担をなるべく減らしたい場合は、市役所などで自立支援医療の申請ができます。病院の診断書、申請書、同意書などの提出が必要ですが、認定をしてもらえると医療費の負担を減らすことが出来ます。